ゴルフ 飛距離アップ コツ

Image Replacement

世界最新ゴルフ上達プログラム

効率よく飛距離アップするには

効率よく飛距離をアップする為には、まずスタートが大切です。つまりアドレスが確実にできていれば、ナイスショットもすぐそこです。

まずアドレスの基本的な型から覚えましょう。アドレスで大事なのはグリップです。このグリップをいい加減にしているといつまでたっても飛距離は伸びません。

グリップには基本的には、ストロンググリップ・スクエアグリップ・ウイークグリップの3種類です。どのような球筋を打つかで決まるのですが、初心者の方はまずストロンググリップを身につけましょう。

現在のツアープロをはじめシングルゴルファーの主流となっているグリップです。ではストロンググリップの特徴を簡単に述べてみましょう。

ストロンググリップでは、左手がポイントです。自分の左手の人差し指と薬指の関節が見えるように深く握ります。ちょうど左手の甲の半分ぐらいが正面を向いた形です。次に右手ですが、右手は親指と人差し指で作るV字がちょうど右手の肩を指すようにします。

左手の小指をしっかりとグリップすることも忘れずにしましょう。中指・薬指・小指の3本の指で握るのですが小指を特にしかりと握ればグリップが緩むことはないと思います。

また指の付け根にグリップが来るように握るフィンガーグリップも体の小さな日本人にはぴったりのグリップです。指でしっかり握れ、手首が使いやすくなるためコックがしやすいという利点があります。

飛距離を伸ばすために正しいスイングをするための一条件がグリップです。グリップだけで完璧なスイングができるわけではありませんが、逆にグリップが間違っていると正しいスイングはできません。

まずは、グリップの基本を覚えて、思うようにクラブが振りやすいグリップを目指しましょう。

ドライバー飛距離アップのコツ

>
ドライバーの飛距離を伸ばすコツは、バックスイングからフィニシュまで同じリズムでスイングすること。

スイングで力むと、決して同じリズムでバックスイングからフィニッシュまで振れません。

スイングで力むということは、バックスイングでいきなりクラブヘッドだけを振り上げたり、ダウンスイングでクラブヘッドを急激に振り下ろしたりして、体のあちこちに余分な力が入りスムーズなスイングができなくなるからです。

また余分な力が入りすぎると体重移動がスムーズに行えなくなり、スイング軌道もずれボールにうまく力が伝達できなくなり、飛距離もあまり伸びません。 

飛距離アップのコツは、スムースなスイング軌道を得るため、体に余分な力を入れずリラックスしてスイングができるようにすることです。

アドレス時に、グリップを強く握りしめすぎると腕や肩に力が入りすぎスイングが乱れる原因になります。

体が力まずリラックスさせるには、アドレス時のグリップです。
アドレス時にわざと強く握りしめそこからグリップを緩めるとクラブヘッドの重さを感じることができます。

クラブヘッド重さを常に感じながらスイングできれば、余分な力みも消え、スイング軌道に沿ったスムースなスイングが可能になります。

ドライバーで飛距離を伸ばしたかったら、力まずにバックスイングからフィニッシュまでスムースにスイングできるように心がけましょう。

これだけで10ヤード以上の飛距離アップは可能です。